タグ:給与支払ルール ( 8 ) タグの人気記事

4月は給与改定の多い時期ですね。

昇格昇給等に伴い、基本給を増額するケースが
ほとんどです。

給与計算をするときは、基本給を変更したか、
金額は間違いないかを慎重に確認しますが、
残業代もしっかり検算していますか?

給与ソフトを使用している場合、
残業代を算出する計算式を設定していれば、
基本給を変更すると残業代も自動的に変わります。

この場合は、まず間違いは生じないので安心です。

ところが、同じ給与ソフトを使っていても、
残業代を算出する計算式ではなく、
1時間あたりの単価を登録してある場合は要注意です。

この単価は、手で変えなければいけないからです。

そのため、基本給など毎月定額で支給している金額を
変更した場合は、必ず、残業代もチェックしてくださいね。




┏●o。.。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  未払い残業代請求トラブルが多発しています。
  貴社の残業代支払い状況をチェックしませんか?


  給与計算は社労士におまかせ
  アウトソーシング5つのメリット


  給与計算に役立つ書式集
  無料ダウンロードはこちらから


  くわしくはコムニスサポート㈲のホームページをご覧ください。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━。.。o●┛
[PR]
by cmns2 | 2011-04-20 18:19
【原則】
賃金は、一定の期日を定めて支払わなければなりません。

これは、支払日を「毎月20日」というように特定することをいいます。

必ずしも「20日」「25日」と暦日を指定する必要はありませんので、
「月の末日」というのは違反ではありません。

ただし、毎月第4金曜日や毎月最終出勤日といった決め方は
期日が定まっているとはいえませんので、認められません。
ご注意ください。


┏●o。.。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  未払い残業代請求トラブルが多発しています。
  貴社の残業代支払い状況をチェックしませんか?


  給与計算は社労士におまかせ
  アウトソーシング5つのメリット


  給与計算に役立つ書式集
  無料ダウンロードはこちらから


  くわしくはコムニスサポート㈲のホームページをご覧ください。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━。.。o●┛
[PR]
by cmns2 | 2011-02-09 11:50
【原則】
給与は、毎月1回以上支払わなければなりません。
そのため、たとえ年俸制であっても、12分割し、
毎月支払わなければなりません。

※なお、この『毎月』とは、暦月を意味します。
 毎月1日から末日までの間に少なくとも1回は
 支給してください。

【例外】
次のものについては、毎月1回以上支払う必要はありません。
①賞与
②臨時に支払われるもの
③1ヶ月を超える期間について支給・算定される精勤手当、勤続手当等


┏●o。.。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  未払い残業代請求トラブルが多発しています。
  貴社の残業代支払い状況をチェックしませんか?


  給与計算は社労士におまかせ
  アウトソーシング5つのメリット


  給与計算に役立つ書式集
  無料ダウンロードはこちらから


  くわしくはコムニスサポート㈲のホームページをご覧ください。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━。.。o●┛
[PR]
by cmns2 | 2011-02-02 10:28
【原則】
給与は控除せず、その全額を支払わなければなりません。

【例外】
次の①または②に該当する場合は、給与の一部を控除する
ことができます。

① 法令で控除が認められているもの
   源泉所得税
   健康保険料
   厚生年金保険料
   雇用保険料
   住民税 など

② 労使協定を結んだもの
   組合費、社宅費、社内預金など


なお、欠勤や遅刻、早退した時間に対する給与も控除することが
できます。

ただし、5分の遅刻を30分の遅刻として給与カットをするという
処理は、全額払いの原則に反し、違法です。

上記のような取り扱いをしたいときは、就業規則に減給の制裁として定める
必要があります。
労働基準法第91条の制限内で行えば、全額払いの原則には反しません。


【労働基準法第91条の内容】
就業規則で、労働者に対し減給の制裁を定める場合、
その減給は、次の額を超えてはならない。

1回の額・・・平均賃金の1日分の半額
総額・・・一給与支払期における給与総額の10分の1


┏●o。.。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  未払い残業代請求トラブルが多発しています。
  貴社の残業代支払い状況をチェックしませんか?


  給与計算は社労士におまかせ
  アウトソーシング5つのメリット


  給与計算に役立つ書式集
  無料ダウンロードはこちらから


  くわしくはコムニスサポート㈲のホームページをご覧ください。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━。.。o●┛
[PR]
by cmns2 | 2011-01-25 09:46
【原則】
給与は、直接従業員に支払わなければなりません。

【例外】
使者に対して支払うことは、認められています。

これはあくまでも『伝達の手段に過ぎない』と考えられている
ためです。

一方、「子どもの変わりに受け取りに来た」と、
代理人としての委任状を持ってきた従業員の親に
給与を支払ってしまうと法律違反になってしまいます。

ただ、最近は、金融機関等への振込が多いため、
上記のようなトラブルは少ないのではないでしょうか?

でも、従業員が病気療養している場合や、突然出勤してこなかった場合に
代わりの人が給与を受け取りにきたら・・・?

法律違反を犯さないよう、気をつけてください。


┏●o。.。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  未払い残業代請求トラブルが多発しています。
  貴社の残業代支払い状況をチェックしませんか?


  給与計算は社労士におまかせ
  アウトソーシング5つのメリット


  給与計算に役立つ書式集
  無料ダウンロードはこちらから


  くわしくはコムニスサポート㈲のホームページをご覧ください。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━。.。o●┛
[PR]
by cmns2 | 2011-01-18 17:34
賃金支払の5原則 その①です。

【原則】
給与は、通貨(貨幣)で支払わなければなりません。
小切手や現物給与での支払いは認められていません。

【例外】
労働者の同意を得た場合、その労働者が指定する本人名義の
金融機関の口座に振り込むことができます。

この場合、給与支給日当日に払い出しができる
状況にすることが必要です。

とはいえ、夕方の5時ころでは労働者側も困ってしまいます。
できる限り午前10時頃までに払い出しが可能となるよう
手配しましょう。

同意については形式に定めはありませんが、トラブル防止の
ためにも、しっかり書面で同意書をもらうことをお勧めします。

ダウンロードはこちらからどうぞ⇒口座振込依頼書

また、振込先については、振込手数料等の関係で、
会社側が取扱金融機関を一行に限定することがあります。

この場合、労働者側がその内容で同意すれば問題はありません。
ただし、労働者が別金融機関の口座を指定してきたときは
拒絶せず、会社側の事情を説明して、理解してもらいましょう。


┏●o。.。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  未払い残業代請求トラブルが多発しています。
  貴社の残業代支払い状況をチェックしませんか?


  給与計算は社労士におまかせ
  アウトソーシング5つのメリット


  給与計算に役立つ書式集
  無料ダウンロードはこちらから


  くわしくはコムニスサポート㈲のホームページをご覧ください。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━。.。o●┛
[PR]
by cmns2 | 2011-01-14 16:49
年が明け、多くの企業ではほぼ年末調整業務を終了したと思います。

そこで、今日からは、給与の支払いルールを決める際の
大切なポイントについてお話していきます。

まずは、「賃金支払い5原則」です。
支払いルールを決める際の、いわゆる基礎の基礎です。
これに違反した場合は罰則があるので、
必ず覚えましょう!

<賃金支払いの5原則>
1.通貨払の原則
2.直接払の原則
3.全額払の原則
4.毎月1回以上払の原則
5.一定期日払の原則

それぞれ原則と例外がありますので、次回から1つずつ説明していきます。


┏●o。.。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  未払い残業代請求トラブルが多発しています。
  貴社の残業代支払い状況をチェックしませんか?


  給与計算は社労士におまかせ
  アウトソーシング5つのメリット


  給与計算に役立つ書式集
  無料ダウンロードはこちらから


  くわしくはコムニスサポート㈲のホームページをご覧ください。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━。.。o●┛
[PR]
by cmns2 | 2011-01-11 14:35
給与計算の流れとそのポイントは以前お伝えしましたが、
今回からは、それより前の段階、つまり給与を支払うために
決めておかなければならない事項についてお話していきます。

まずは、なんといっても「賃金支払い5原則」です。
労働基準法24条に定められており、これに違反した場合は罰則があるので、
くれぐれも注意しましょう。

<賃金支払いの5原則>
1.通貨払の原則
2.直接払の原則
3.全額払の原則
4.毎月1回以上払の原則
5.一定期日払の原則

次回からは、1つずつの原則について説明していきます。


┏●o。.。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  未払い残業代請求トラブルが多発しています。
  貴社の残業代支払い状況をチェックしませんか?


  給与計算は社労士におまかせ
  アウトソーシング5つのメリット


  給与計算に役立つ書式集
  無料ダウンロードはこちらから


  くわしくはコムニスサポート㈲のホームページをご覧ください。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━。.。o●┛
[PR]
by cmns2 | 2010-09-28 16:17